FC2ブログ
Captain Teaの音街道日記
懐かしい思い出や最近の出来事から未来の夢まで聴きたい音楽とともに綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“バーチャル・シンガー”の腕前は?
 ソフトウェアで歌わせるVocaloidシリーズの日本語男声版である「KAITO」を手に入れた。女声版の「MEIKO」の方は拝郷メイコをモデルにしたとWebカタログにも詳しく書いてあるのに対して,製品名の公募をしたからなのか「KAITO」ではWebには書かれていなかったが,製品パッケージによれば特撮もののテーマソングなどに参加している風雅なおとの声がモデルだそうだ。
 さっそく曲の作成に取りかかる。Art Prism詩集に載せている『帰り道』に曲をつけたものがあるので,それを歌わせてみよう。音符の入力は一般的なMIDIシーケンスソフトのピアノロールと同じだ。歌詞も簡単に添えられる。この歌詞を音声記号のアルファベットで入力する時はスペースに注意が必要だ。
 とりあえずインストール時の設定のままパラメーターの追加は行わずに8小節入力して再生してみた。こんな感じだ。

『帰り道』8小節(MP3,304kB)

 笑える雰囲気でもあるが,それなりに人間の声になっている。
 さてここからアタックやレゾナンスなど多数用意されているパラメーターを操作することでどう変わるか。敢えて機械っぽさを強調しても面白いかもしれないが,まずはどれだけ人間らしく聴かせられるかを探ってみたい。

Vocaloid Kaito Vocaloid Kaito
Windows (2006/04/07)
..

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
KAITO
おもしろ~い。
槇原敬之の声に似てません?
2006/03/02 (木) 16:00:55 | URL | ちろ #JFK8AJJw[ 編集]
ん~
どうなんでしょ?(笑)
なんとも不思議な「声」を出してます。
2006/03/02 (木) 16:17:23 | URL | Captain Tea #SriqiasU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Captain Teaの音街道日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。